0.00 ¥ *
カートに商品はありません

動物(ペット)

pages (4).png

国内路線

小型犬、猫、その他の小さいペットは下記条件が当てはまる場合は無料で持ち込めます。:
  • "国内路線全列車の全等級(1等および2等またはExecutive , Business , Premium , Standard)にて持ち込み可能。 70cm x 30cm x 50cm 以下の適切な入れ物に入れ、乗客および車両に損害を与えないこと。"
  • ETR 450 系車両の場合は、動物が入った入れ物は持ち込んだ乗客の膝の上に抱えて乗車すること。乗客1人当たり入れ物1つ。
  • 寝台車に動物を持ち込む場合は、利用コンパートメントの全座席を購入すること。(盲導犬を除く)

盲導犬は全ての列車に規則適用外として無料で持ち込み可能。
食堂車およびバーコーナー(カフェテリア)は動物の持ち込みは不可。(盲導犬を除く)

国内路線のどの列車でも次の等級の場合は可能。可能な等級:
  • 国内路線のどの列車でも次の等級の場合は可能。可能な等級:1等および2等、Business 及び Standard。(Executive、Premium、Silenceエリア、コンパートメント及び食堂/バー車は不可。) 持ち込みには犬持込用の切符が必要。持ち込み可能で実際に持ち込む等級のBASE料金の半額。切符売り場またはトレニタリア取扱い代理店にて購入が可能(ネット販売は除く)

口輪を着用しリードで繋いでおいて下さい。

  • 寝台車に犬を持ち込む場合は、ご利用コンパートメントの全席分をご購入になったうえで、犬用の切符(2等車普通運賃の50%引き)をお求め下さい。車内では常に口輪を着用させリードで繋いでおいて下さい。
     
  • 盲導犬は全ての列車及び等級(食堂/バー車両も含む)に持ち込み可能。寝台車利用時も、コンパートメント全席分の購入は必要無し。
  • どのような場合でも、犬を持ち込む際は、登録証と健康カード(外国からの場合はドッグパスポートなどの前述の2つの書類に代わる書類)を携帯して下さい。(盲導犬は当規則適用外)

予約と切符の変更

犬の持ち込みについての予約と切符の変更は下記の場合に可能。
  • 変更可能な期限内に切符を提示する
  • 変更したい列車が犬の持ち込みが可能か確認をし、可能であれば変更を依頼する。

返金

下記の場合に返金が可能。
  • 返金可能な期限内に切符を提示する
  • 返金依頼をする。
返金対象合計額が10ユーロ未満の場合は、返金は受けられません。

在来線(Regionale)

"小型犬、猫、その他の小さいペットは下記条件が当てはまる場合は無料で持ち込めます。在来線の全ての列車の全等級(1等および2等)にて持ち込み可能。 持ち込む場合は、70cm x 30cm x 50cm 以下の適切な入れ物に入れ、乗客および車両に損害を与えないこと。"
 
"口輪を付けリードで繋いでいる犬であれば、どんなサイズの犬でも、ドア付近および最後尾車両の連結部において、持ち込みが可能。その場合、犬用チケット(2等普通運賃の50%)が必要。 但し、平日(月曜から金曜)の7amから9amは犬の持ち込みは不可。"
 
"盲導犬はガイドとして同行している場合は全列車のどの等級でも無料で持ち込みが可能。 登録証と健康カード(外国からの場合はドッグパスポートなどの前述の2つの書類に代わる書類)を切符購入時に提示。また列車利用時には求めに応じて提示する。(盲導犬は当規則適用外)"

お問合せ:
080-3206-2113
train@wai.co.jp